読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本と欧米の違い

日本社会で22年間も生きているとどうしてもこの感覚がない気がしました。日本にいるときは海外を気にした事もないし、税金も8%で納得して、大学も通う。そんな生活をしていたなあってつくづく感じている、カナダでの最近。色々な国の人と会い、みんな違ってみんな良いを感じて生きています。

そこで今回は日本と欧米のメリット、デメリットの点を挙げていきます。

日本の良い点

  • 経済が豊かで、何不自由なく生活できる。
  • お互いが尊重し合う、察し合う、助け合い、協調する、心遣いの文化
  • 美味しい物が安い、時間が利く飲食店の多さ
  • 素晴らしい文化、歴史、自然、観光

日本はカナダと比べると、国の付加価値が大きく高いです。各県はそれぞれの郷土料理を持ち、観光名所もある。四季を感じて楽しむ事ができる。みんながとても優しい(優しすぎな人も)発言のチャンスをお互いに与えあう。チームプレイにかけては天下一なのでは、だからトヨタなど世界的企業が多くあるのかもしれません。

 

欧米の良い点

  • 失敗ウェルカムの精神
  • 横社会なので自分の意見を主張できる、自由さ
  • 気疲れ、空気を読まなくていいので、ストレスがない

こちらは、人がチャレンジした事には口出しせず、応援します。なのでどんどん新しい事をしよう、バカな事をしようという人が多いです。これは多くのアイデアや、革新的な何かを生み出します。また日本とは違い年齢は関係なく対等にしゃべるので、物事をはっきり言いますので、無駄なプロセスなしに会話できます。こっちではKYが好かれる傾向にあります(笑)自分はなんでもデキル気分になります。

まとめ

日本と欧米の社会は真逆です。なので日本人はカルチャーショックが大きいです。しかしこの違いを楽しめればどこでも生きてけます。またこの欧米文化を学べば、日本社会で秀でたリーダーになれると思います。まずは他人を気にしないで行動する事を心がけて日本で過ごせればベストなのではと思いました。

次回はデメリットを!ではカナダからでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

行動先に考えるのはあと

後悔はすごい心のなかに残ります。

好きな子をデートに誘えなくて学校を卒業してしまった、なんてよくある事ですよね。

そこで誘って失敗したと誘わないで成否が分からないまま終わってしまった。

どっちがいいでしょうか?

当然後者のほうが良いですよね!

この失敗は成功への失敗を潰していく、成功へアプローチしていく作業なのです。なので諦めないでいきましょう。やりたい事は挑戦すればいい。

僕の留学は学部で単位を取ることが目的でした、しかし今は単位を取れず語学学校で勉強しています。普通の人からすると失敗でしょう。でも僕は失敗と捉えていません、この経験は未来の自分に活きてくるのです。就活が不利、卒業が一年遅れる、大学の職員にもただの語学留学でしょと軽蔑される、でもそんなのただの世間の目でしょ?自分が過ごした留学生活は他人には理解できない。でも親友や家族は必ずこの経験を理解してくれる。ただそれでいい。八方美人になる必要ないし、人に嫌われてもいい、そんなの避けようがない。

こっちで感じた心境です。スマホからなので見辛いかもしれません。

 

残りのカナダでの生活頑張ります。

日本人よ恋愛を制せ

カナダに来て、172日目が経ちました。まず体感速度が速く半年たったのが信じられません。今はホームステイをしていおり、メキシコ人のルームメイトがいます。

 

日本人はチキンか?

例えば、中国人と韓国人の女の子は一度仲良くなるとすごいボディタッチしてきます(これは嬉しい事)友達になれば、2人きりで遊ぶのも抵抗はありません。

しかし、私たち日本人からするとかなり抵抗がある行為です。同じアジアでもこの違いはあります。

韓国人の友達の子は、男性から引っ張りだこです、彼女は自立してて、意見を述べ、気づかいもできるので人気なのだと思います。彼女は尊敬できます。

 

やって後悔しよう

僕は今友達もたくさんいますが、やはり好きな人がいて、その子ともっと仲良くなりたいのが大きいです。心に何か引っかかるものがあります。ここは日本男児の誇りとして、アプローチしてきます(ラテン男に負けてられない)

チリ人の子に頑張って行きます。

また報告します!勉強も忘れずに取り組みます!

 

 

 

 

 

 

恋愛戦略 IN CANADA

前回、恋愛したい気持ちが高まりこのような記事を書きました。

目次

・デーティング期

・勝負期

・まとめ

 

デーティング期

これは日本では、好きな人ができた➡デートに誘う という形が一般的な形ですね、これは初デート誘う➡失敗➡それっきり、みたいな形が多い気がします(経験談)

カナダでは、軽い感じで友達感覚で誘います。この映画見に行かない?って誘いを前日にしたり、一緒にラーメン食べたり。初デートって感じで重要な感じはしないです。また頻繁にテキストを送りあい、ふざけ合うのも仲を深める方法のひとつ。こんな感じを1カ月か2カ月して、お互いを良く知れて、キスなどし、お互いの友達に紹介が次のステップです。

 

勝負期

これは、相手との関係を友達、家族に紹介する事です。ここで付き合っる事になります。日本だと、初デート➡何回かデート➡告白➡デート➡紹介?➡家族へはあまりない

ってのが一般的ですね。日本とカナダを比較すると、かなり違う事が分かりますね。

 

まとめ

日本でもこのようなデートスタイルを取る人は他の人と違って魅力を感じると思います

男性、女性へだたりなく遊べる人がカナダスタイルに近いのではないですか。2人きりであってもかまわない関係を築くの大切です。またデートっぽくしないで、軽く遊びに行く感じでいいじゃないかな。南米のような恋愛もしたいですね。

 

 

 

 

 

異文化の恋愛!!

カナダに来て6カ月が経ち、そろそろ彼女が欲しいと思う時です。

こっちきて思う事は恋愛をみんなカジュアルにとらえて楽しんでるなって思いました。なんか日本人は損してる?

メキシコ人とお酒飲んだ時のエピソードを話します。

メキシコの恋愛観

  • 女性がかなり積極的でボディタッチがすごい
  • 男性もかなりオープン
  • 彼女たちはいつでも男を狙ってる

説明するのは大変ですが、メキシコ女性とはうまくいけば付き合いやすいかもです。

 

とにかく日本では恋愛する=恥ずかしいみたいなのがあると感じます。相手に嫌われたらどうしようとか、振られたら、断られたらみたいなのが私たちの頭をよぎります。

真面目、誠実は日本人のいいとこです。でも真面目過ぎても楽しい事逃しちゃうよって事です。日本に帰ったらチャラくなりそうです(笑)

カナダ人のホストマザーにも、今日は女の子と食事いったよっていったとき、何でHook up しないの?すればよかったのにって言われた時びっくりしました。(意味は察してくっださい)

 

海外留学の魅力

  • 英語以外の事で成長できる
  • 海外の恋愛、仕事観を勉強
  • 日本帰ったら絶対役に立つ

ということでみなさん恋愛を思いっきり楽しみましょう。

失敗は成功の道しるべです。世界には美男美女がたくさんいます(笑)

news.livedoor.com

筋トレで体でかくする。

カナダでの目標は英語はもちろん、自分に専門分野を勉強することが第一ですが、ぼくは体つくりに今励んでいます。 

カナダ人は大きい

大きいといっても悪い意味ではなく、男性は健康的なマッチョが多いです、女性は引き締まった体でジーンズがかなり似合う体系です。彼らは普段からたんぱく質の多い食事をとっています。僕の目標は174cmで体重を70㎏を超えることが目標です。(なかなか難しい)

 

筋トレのメニュー

週3か4のペースで、胸、背中、脚と大きく分けてしています。肩と腕は織り交ぜてしてます。ビッグ3を中心に!

 

食事メニュー

朝 ピーナッツバターとヌテラサンドイッチとプロテイン(ウエイトゲイン)

昼 ランチ

夜 夕食

間食 プロテイン(ウエイトゲイン)

 

これで3000kcを超える計算です。

おすすめのプロテインはカナダプロテインです。日本で購入できるか不明、コスパは最強。

英語と体の両面を向上させます、残り4カ月を切ったので悔いのない生活をします。

https://www.canadianprotein.com/

カナダ文化のメンタリティを取り入れる

異文化のメンタリティを取り入れる事はとても重要な事です。長谷部誠選手の心を整えるでもそう書いてありました。そこでは、長谷部選手はJリーガーでプレーしていた時は周囲の目を気にし過ぎて、精神的にも不調になるコトがあったみたいです。

ドイツに来てから、ドイツ人は周りを気にしてない事をしり、そのメンタリティを取り入れたそうです。僕もこの事にすごく共感を感じています。

そこで、カナダに来てよいなあと思った事紹介します。

 

みんな違いを受け入れてる

これは他民族国家ならではで、自分は自分、君は君と割り切っています。悪い意味の割り切りではなく、尊敬しあいながら生きています。中国、インドの人が多いですが、みんな対等に渡り合います。

 

人生を楽しむことを知っている

日本では仕事が中心になり、家族や友達といったプライベートを軽視しています。カナダの人たちはその逆です。

 

また続編いきます!では